太っていてもメタボリックではない人

12, Oct 2017 by userk001_1704 in 基礎知識       No Comments

よく太っている人=メタボと言い換える方がいますが、実は太っていてもメタボリックシンドロームには該当しないという人はいます。ではメタボリックシンドロームとはどのような状態で、なぜ太っていてもメタボにならないのでしょうか?

まずメタボの定義は内臓脂肪型肥満であり、血清脂質、血圧、血糖のうち2項目以上の値が異常値となっている状態です。太っていても内臓脂肪型ではなく皮下脂肪型の肥満の方は該当しませんし、3つの項目のうち2つ以上の項目に当てはまらなければメタボではないということになります。

太っていてもメタボではないと安心できるかといえば、そうとも言い切れません。皮下脂肪型肥満の方は、実はダイエットをしてもなかなか効果が出にくいという状態でもあるためです。体型は気になるけどメタボじゃないから大丈夫と考えがちですが、ダイエットの面で見ると内臓脂肪型の方の方が改善はしやすいんです。

皮下脂肪型肥満は蓄積した脂肪が皮膚と筋肉の間に凝り固まっているのでなかなか消費させることが出来ないんです。メタボではないと安心せず、やはり太っている状態は身体にはよくないので、気長に頑張ってダイエットに取り組むようにしていきましょう。

Widgetized Sidebar

This panel is active and ready for you to add some widgets via the WP Admin